相続 富山 税理士 相続税対策について

なぜ、相続対策が必要なのか

相続税対策の目的は財産を守ることです。相続税対策をしていれば子孫に財産を残すことができますが、何もしていないと家や事業用財産まで失ってしまいます。

相続対策をしていないと次のようなことが発生してしまう恐れがあります。

  1. ・相続になると財産の多い人なら、何千万円、何億円という単位で相続税がかかる
    ・相続財産が自社株式や不動産などが大半で、預貯金などの金融資産がほとんどないような場合、納税資金の準備ができない
  2. 相続税を支払うためには、相続した財産や今まで住んでいた自宅あるいは仕事をしていた事業所などを売却しなければならない
  3. ・住む家がなくなってしまったり、これまで続けてきた事業の継続ができなくなる
    ・土地や建物の売却時に、再び税金がかかる
 

事前の対策が不可欠

相続は人の死亡によって始まります。相続税対策は、相続開始前に行う「事前対策」と相続開始後に行う「事後対策」に分けられ、通常、相続税対策と言えば、事前対策のことを言います。ここで注意すべき点は、多くの相続税対策は相続が開始してからでは遅いということです。
例えば、生前贈与は相続税の節税対策の主要な手法の一つですが、これはあくまでも生前に財産を贈与するから節税になるのです。財産の評価額を引き下げる節税対策も、相続開始後では意味がありません。相続開始後であっても相続税を少なくする対策はあります。しかし、事前対策を行っていなければ、大きな効果は期待できません。事前に時間をかけて相続税対策を行い、それに事後対策も併せて実施する必要があります。

  1. 事前対策
    @相続税の仕組みを利用した対策
    養子縁組をしたり、相続税の非課税財産を利用する
    A財産評価の仕組みを利用した対策
    相続財産の評価額を引き下げる
    B財産の移転対策
    生前贈与や売却によって財産を減らしてしまう
    C納税資金対策
    生命保険や不動産を活用して納税資金を準備する
  2. 事後対策
    @相続開始後の節税対策
    財産の分割方法や評価方法を工夫して節税する
    A納税方法の対策
    延納、物納、農地の納税猶予等の納税方法を活用する
    B相続財産の売却対策
    相続した不動産の売却時の税金を少なくする
 

多くの対策を組み合わせる

無理のない範囲で多くの対策を組み合わせて、余計なお金をかけずリスクを分散させることが何よりも大切なことです。多くの対策を組み合わせることで、大きな効果を生むことが出来ます。

セミナー情報