当社では決算対策として「決算前検討会」を実施しております。
決算対策を行なうにも、決算日をすぎてしまってからや、決算日間際では選択可能な対策は限られたものになってしまいます。当社ではお客様の業種やニーズに応じて9ヶ月目ないし10ヶ月目の月次監査終了後に「決算前検討会シート」を利用し、決算までの「売上」「原価」「経費」「税額」を経営者ともにシミュレーションいたします。

■黒字決算の決算対策

「脱税」はいけません。しかし正当な方法による税金の節約として、必要な固定資産の購入による「特別償却」「税額控除」の利用、月払契約から年払契約に変更することによって「短期前払費用」の利用、がんばった従業員に対して「決算賞与の支給」など、お客様の実情に合わせ、税制に沿った節税を経営者と一緒になって考えます。

税額をシミュレーションすることによって社外流失する金額を確保するために「棚卸資産の圧縮」による資金の創造、「売掛債権の早期回収」など入金サイトや支払サイトの短期的見直しを含む資金計画を経営者と一緒になって考えます。時には経営者と同行して金融機関に出向いて資金を確保のお手伝いをいたします。

■赤字決算の決算対策

「粉飾決算」はいけません。しかし正当な方法による黒字化対策としてシミュレーションした決算予測より損益分岐点売上を算出し、売上目標を計画し、決算前セールなどの行事による「売上増加手法の提案」、固定費の削減として「役員報酬の減額」などで、少しでも黒字化につなげる提案、方法を経営者と一緒になって考えます。


〔お問合わせ〕
TEL:076-451-8868 E-mail:info@ykc-g.com
Copyright (c) 2000-2005 TAX RESEARCH INSTITUTE Tax Accountant's Corporation All Rights Reserved.