決算は、社長にとって、一年間一生懸命経営を行った結果が決算書に表れます。会社にとって、数字をつかんで検討すべき最大の好機が決算期です。決算書を作ったら、それを税務署に提出して「はい、それまで」でしたら勿体ないのです。会社の全てを物語っているのです。社長にとって、この激変の時代、決算書の活かし方が重要になって参りました。
せっかく作成した決算書を有効に使わない手はありません!
決算書の数字を数値に変えると、今の課題と将来の方向性が見えてくるのです。社長が自社の現状と問題点を、つかむことが出来るのが、決算診断の「経営診断提案書」なのです。この「経営診断提案書」は、社長にとって、経営を変えていけるひとつのヒントになると、確信しております。
ぜひ、当社に企業経営体力診断をお任せください!
貴社の今後の課題が明確になり必ずや重要な戦略決定の資料となります!


経営体力診断書

「人が生き生き経営に体力」です。わが社の体力が評価され、攻めと守り。今、何が課題かを知ることが出来る。
御社の傾向診断

過去の実績から、自社の成長タイプを把握します。

未来活力パワー

わが社の存続発展に向けて利益は、資金不足はどうかまた今後5年間の推移はどうか「現況」「標準」「優良」という立場からシミュレーションを行い、自社の方向性と未来活力パワーを明らかにします。


当社では、「決算診断」を実施し何をしていくかの決断を社長してもらい、社員1人1人が経営に参加できる仕組み作りから、目標実現が出来るまでの組織の構築までも実践的なスタイルで、支援させていただいて下ります。特徴としては、企業それぞれの社風を大切にして、形式そして業界の常識に捉われることなく、プロセスを大切にした組織作りを第一に考えております。


具体的な支援の内容につきましては、是非下記までお問い合わせください。

〔お問合わせ〕
TEL:076-451-8868 E-mail:info@ykc-g.com


Copyright (c) 2000-2005 TAX RESEARCH INSTITUTE Tax Accountant's Corporation All Rights Reserved.